カミソリ負けに ステロイド

カミソリ負けにステロイドを使う場合

カミソリ負けして症状がひどい場合には皮膚科などでステロイド剤を出され使用している人も結構いらっしゃるかもしれません。ステロイド剤はカミソリ負けの炎症を抑え、ヒリヒリ感を抑えてくれるので効果はあるでしょう。病院で処方された分量をしっかり守って使っていれば特に問題はないと思います。

 

 

ただし、自己判断でステロイド剤を使い続けるのことは注意が必要です。ご存知のようにステロイド剤には副作用があって、自己判断で使うと副作用を引き起こす場合があるからです。

カミソリ負けにステロイド剤を使った場合の副作用は

ステロイド剤は炎症を抑える効果があるのと同時に免疫を抑制する効果もあります。カミソリ負けした毛穴に塗った場合、逆に細菌に感染しやすくなり、症状が悪化する事もあるそうです。病院で処方された場合にはステロイド剤と同時に抗生物質も同時処方してくれるなどの対策がされているそうです。

 

ですので分量を多くしたり、回数を増やしたりなど自己判断での使用はしないようにしましょう。

 

そのほかの副作用としては

 

多毛

 

ステロイドには男性ホルモンに近い作用があるので、子供や女性が長期使用した場合、その部分の毛が濃くなることがあるそうです。
カミソリ負けしてさらにステロイドを使って毛が濃くなってしまっては本末転倒です。

 

細菌への感染

 

先ほども書きましたがステロイドは細菌への感染がしやすくなるので、カミソリで処理した後の毛穴に細菌が感染しやすくニキビのような毛嚢炎になりやすくなるそうです。これもカミソリを使っていると逆にリスクは高そうですね。

 

しゅさ様皮膚炎

 

ステロイドを使った副作用でよく知られるのがしゅさ様皮膚炎。赤み、ニキビのような発疹や腫れ、ほてり感が強くなる症状です。
特に顔に使う場合はこのしゅさ様皮膚炎が起きやすい場所なので注意が必要です。

 

色素沈着

 

この色素沈着は直接的にステロイドが関係しているわけではないようです。炎症後の色素沈着がステロイドが原因と思われているだけで実際は炎症による色素沈着が原因のようです。

 

 

などが代表的なステロイドの副作用です。カミソリ負けを治すためにステロイドを使ったのに副作用でさらに悩んでしまうことは避けたいですよね。
ステロイドを使う場合はかならず処方された用量、回数を守るようにしましょう。

カミソリ負けでステロイドを使わないために

カミソリ負けでステロイドを使わないためにはムダ毛処理の方法を変えてみてはいかがでしょうか。
おすすめなのが抑毛ジェル。ステロイドのような副作用もなく、肌にやさしい方法でムダ毛の生えてくるスピードを遅らせてくれます。

 

私も使っているのですが、使い続けることでムダ毛を薄く、細くしてくれるのでカミソリを使う回数もかなり減りました。カミソリ負けでボツボツだった肌もすべすべになったので気に入っています。

 

 

 

 

⇒ステロイドを使わないムダ毛処理 おすすめ抑毛ジェル